仕事と介護の両立を! (ここをクリックする)
2018-02-01

50歳以上の社員は、親の介護と仕事の両立で悩むことが多くあります。

この時に退職して、介護に注力してしまうと、

 ①貯金はゼロになり 

②自分も疲れてボロボロになってしまうリスクがあります。


会社が当該社員に伝えるべき大切なことは、

(1)介護保険制度を利用し、介護は出来るだけ専門家にお願いする

(2)定年まで会社で働き続ける

(3)「介護休暇の93日間」は、介護保険制度で

「どんなサービスを受けるのが最適か」

を調べる為に使う

戻る