いま話題の労働時間の上限規制とは(ここをクリックしてください)
2017-05-02

長時間労働が原因で過労死した事故がきっかけで、労働時間の上限規制が行われるとニュースになっています。

ただし、法改正はこれからで、予定としては平成31年4月施行といわれています。

どのように変わるのか、ポイントは、

(1)時間外労働の上限は原則として月45時間、年360時間となります。これは現行と同じです。

しかし、労働基準法に明記され、罰則も設けられることになりそうです。

     (現行は、あくまで厚労省内部の限度基準として告示されており、罰則はありません。)

(2)一時的な業務量の増加がやむを得ない特定な場合の上限について、年間の時間外労働は

月平均60時間(年間720時間)となります。特別条項は青天井と言われていましたが、

ここにも上限が明記され、 「罰則」が設けられることになりそうです。

今後、一層しっかりした労働時間管理を行っていく必要があります。

併せて、生産性の向上による時間外労働の削減に取組むことが不可欠です。 

戻る