社労士は、会社の「かかりつけ医」です。(ここをクリックする)
2016-12-12

社会保険労務士は、会社の「かかりつけ医」です。

社会保険労務士は、単に労働社会保険の手続きの指導を行うだけではありません。
貴社の人事部・総務部の業務の相談に乗り、貴社に一番最適な解決策を提案することが大切な使命といえます。

私がこの1年間で取扱ったものは次のようなものです。

①賃金について : 労働条件の切り下げ(賃金引下げ)、新賃金体系の構築

②労働時間について : 長時間労働の是正、残業手当の削減、定額残業手当の導入、36協定届

③労務トラブル :セクハラ、名誉棄損発言、上司と部下の人間関係トラブル、社員が傷害事件に遭う正当な懲戒処分、懲戒解雇手続き、 労務トラブル対応

④内部体制の強化:就業規則のチェック、改定。 幹部社員向け労働法研修、

⑤休日、休暇 : 年次有給休暇の付与の管理、

同じ相談でも会社によって、その会社様の歴史、規模、業種、社員の特長(年齢構成など)、財務状況等により、最適な解決策は異なります。

良い社会保険労務士は、貴社に合った解決策を誠心誠意探します。 ご不明なことがあれば、お気軽に当事務所までお問い合わせください。                   

戻る