社内の実態を再確認してみませんか? (ここをクリック)
2016-05-31

あなたの会社の労務管理について、チェックをしてみてはいかがでしょうか?

 ■従業員と労働契約の締結の際に、労働時間等の労働条件について書面で明示していますか?

 ■従業員の実労働時間の把握を正確に行っていますか?

 ■実労働時間が、1日8時間、1週40時間を超える
  場合は、割増賃金を支払っていますか?

 ■時間外労働が、1か月80時間超の従業員がいませんか?
  残業代を払っていても、80時間超の長時間労働を
  継続して行わせていると、事業主の安全配慮義務に
  違反で指摘されることもあります。

  その場合は、業務内容の変更、人員の補充など問題
  解決に取り組みましょう。

 ご不明な点があれば、お気軽に当事務所までお問合せ
 ください。

戻る